Fengshui / 風 水

アジア圏では風水という文化があって、特に中国の建築やインテリアは風水にこだわる。

この小さいな焼き物にも「風水」の思想を内包する。形を全体的に見ると、両端は持ち上げて、真ん中の部分は床と接するようになる。片方だけ穴が開いているが、向かい側は尖っている。それは水を一方通行で入って溜まるという風水の面を意識しつつさり気なく表現である。

実家の広州は「花城」とも呼ばれて海に近く暖かい町で、昔船便で外と貿易を取るので、河川は重要視されていた。というわけで、今でも水はお金のお招きの象徴として扱われている。